ためになる!?ぶつだんやさんコラム

2020年11月20日

覚悟

  • 株式会社ぶつだんのもり
  • もくりんくん
覚悟

「覚悟(かくご)」という言葉は日常でもよく使うかと思われますが、実は仏教由来の重要用語なのです。

そう思えば、その漢字はどちらも(さとり)と読める事からも伺い知れることでしょう。

それは修行者であった頃のお釈迦様=ゴータマ・シッダールタが苦行を捨て、菩提樹の下に座して悟りを得たことを意味する言葉なのです。

覚悟_釈迦

現在の使い方では

心の準備という意味で「覚悟はできていますか」と聞いたり、

他のものをかなぐり捨ててでも実行する心構えの意味で「覚悟はありますか」と聞いたり、「覚悟を決める」と使われたり、

諦めの意味で「覚悟する」と使われたりします。

「覚悟している」と「覚悟する」では意味が全く違う面白い言葉でもありますね。